2005年05月01日

「カナ発音仏和小辞典」



カナ発音仏和小辞典
伊東 英
大学書林 1977-11




 まず、なぜ電子辞書プチロワイヤルも持っているのに、さらに小事典を購入したのかというと、わたしは、英語の学習において、みずから単語帳を作る代わりにポケット辞書に線を引く、という形でマイ単語帳を作る習慣があり、この習慣のおかげで、英語は1万2千語まで語彙を増やすことができたので、フランス語でも同じことをしようと思ったからです。

 しかし、フランス語の場合は英語と異なり発音とつづりの関係が規則的なため、市販のポケット辞書には、そもそも発音記号がまったく載っていないか、あるいは、あったとしてもカタカナ表記になっているか、のどちらかでした。

 わたしは、長年、英語を学習してきたせいか、発音記号がないとどうも落ち着かないのです。こんな症状はきっとわたしだけなのでしょう。

 そのようなときに、たまたま入った本屋の書棚の片隅に見つけたのが、手のひらサイズの小辞典(15cm×9.5cm、厚さ2cm)でした。この小事典には、すべての単語に発音記号が付記されていたのです。名前に「カナ発音」とあるのは、発音記号のあとにカタカナ表記が併記されているからでしょう。

 また、語数が12,000というのも、単語帳としてはちょうどよい量でした。もちろん、収録語彙に多少ものたりなさを感じることもありますが、わたしにとって発音記号がついていないポケット辞書を使うよりはましでした。

 わたしのように、発音記号を必要とし、かつ、単語帳としての利用をお考えの方にはおすすめできますが、カタカナ表記でもまったく気にならず、また辞書としてお使いなるご予定の方には、収録語彙が豊富で新しい、一般のポケット辞書の方を断然おすすめします。

 このあまり本屋さんでは見かけることのない、語数わずかに12,000ばかりの地味な仏和小辞典は、これまた渋い大学書林という出版社が昭和52年に出して以来、第21版を重ねている、隠れたロングセラーです。








フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
     キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。