2005年05月06日

「仏検合格のための傾向と対策3級」



仏検合格のための傾向と対策3級―文部科学省認定実用フランス語技能検定試験
萩原 茂久 鯨井 佑士
エディシヨン・フランセーズ 2003-06




 「傾向と対策」シリーズは、仏検対策用問題集の定番です。

 わたしは、4級対策にも実績のある「傾向と対策」を用いました。     

 この問題集は、6日間で解き終えることができました。総学習時間は、およそ16時間でした。1日平均2時間半強のペースですが、実際には週末などにまとめて学習しています。

 「新リュミエール」で文法をみっちり学習した後でしたが、4級の問題を解いている時のような自分の実力にぴったり合っているという手ごたえは得られず、正答率もこれまでになく低くなり、いまの自分の実力よりひとつ上の問題を解いている、という感触を得ました。

 6日目に巻末の第1回模擬試験を解いてみたところ、61点でした。

 そこで、現在の自分の実力では3級がぎりぎりだと判断し、翌日からすぐに同じ「完全予想仏検3級」にとりかかりました。

(およそ半年で仏検3級に合格するまでの学習の略歴は、こちら








フランス語検定体験記 フランス語の学習日記
  フランス語の独学スタート   フランス語の学習法
  仏検3級・4級体験記   フランス語の例文暗記
  仏検2級体験記   フランス語の単語暗記
  仏検準1級体験記   フランス語の多読日記
  仏検1級体験記   フランス語の聞き取り・書き取り
  フランス語のよもやま話   フランス語の参考書レビュー
  フランス語の学習記録   全記事一覧
     キンドル(Kindle)とフランス語
  プロフィール   フランス語の参考書フランス語の参考書・問題集
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。